たべものとか鳥とか


by satoyamakotori
カレンダー

<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

記念撮影的鳥(仮)

e0303064_14204481.jpg

一枚目はちゅん。

たまに出かけてもカメラを持っていない昨今
鳥ちゃんにおかれましては
今年はなんだかご機嫌ですね。

歩けば鳥が撮れるようなシーズンみたいですけど
カメラ持ってないのに撮れるわけないし
だいたい歩いてないし。

数少ないカメラを持っての外出時の記録だから、ヒドイ写真も載せてしまえ。

e0303064_14204864.jpg

ナントカシギ。
いつもいる子かな。

ものすごい自意識過剰で一瞬で逃げるから、やる気がある時でも撮れたことなし。

e0303064_14204927.jpg

ローカルな川の中流のジョビ男。
ここにはこいつと、車道を挟んでもう1ジョビ男
そしてコイツ↓もいた。

e0303064_14205150.jpg

背中も蒙古斑的に青かったからルリ坊じゃないかと。

わずかなスペースにヒタキの男3羽。
ひとりでも女子がいたら成り立たないご近所だな。

e0303064_14205385.jpg

うちの近く、チョウゲン坊やがいる田んぼの、タヌキ顔のつぐみちゃん。
ピントはどこ行った。
おーい!ぼくのピント知りませんかー!

そう言えばうちの自治会でハクビシンとアライグマ捕獲の罠を仕掛けたら
かかったのは大量の猫とテンとタヌキだったそうです。
猫とテンは解放されましたが、タヌキは保健所のひとが連れて行ったとか。

お鍋のおいしい季節ですね。

e0303064_14205723.jpg

ちゅんとつぼみ。

枝垂れ梅だったかな?

e0303064_14205812.jpg

囀っていたひよたん。
頭は春なんだよね。

e0303064_1421041.jpg

はっくん。

はっくんってさ、夏は顔きいろくないよね?
みかん食べすぎ?

e0303064_1421378.jpg

我が市の特産物、ひよ大根。
玄関先に植えれば防犯効果絶大。

e0303064_1421582.jpg

天使。

お口から雫がしたたってました。
ルルドのメジロちゃんかも。

e0303064_1421812.jpg

なんかモズって1本かぶるんだよね。
もう1歩前に出てこいや。

e0303064_14211256.jpg

かぐやジョビ姫。

変換したら家具屋ジョビ姫になった。
現実はそんなもんだジョビ子。

e0303064_14211352.jpg

オチがないけど疲れたから今日はここまで。
[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-31 15:22 | 鳥ちゃん

お節料理 #5 三が日+α

e0303064_15585768.jpg

どれがいつのか判らなくなってしまった三が日+αの食卓。

似たような絵面ばかりでござんすが
色合いなど、来年以降の参考にしようと思うばかりで。

途中に出て来るお蕎麦は年越しそばです。
PCで雑にアップロードしてiPhoneで編集しているので
雑すぎてスマソ。

e0303064_15585938.jpg

e0303064_1559120.jpg

e0303064_155932.jpg

e0303064_1559585.jpg

e0303064_1559755.jpg

e0303064_1559937.jpg

e0303064_15591011.jpg

e0303064_15591375.jpg

e0303064_15591572.jpg

e0303064_15591754.jpg

e0303064_15591924.jpg

手毬麩が異常発生なお正月でござんした。チョン
e0303064_15592085.jpg

[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-29 20:27 | キッチン小鳥

ヤヤコと私 #1 はじめに

はじめに。

More
[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-29 00:00 | ヤヤコ−1さい

ヤヤコと私 #2 1/24〜

1/24 木 ☀

More
[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-24 00:00 | ヤヤコ−1さい
e0303064_15502596.jpg

まだあったのか
ええあったんです、お正月の話題。

暮れに、新しい包丁を買ったのですよ。

今まで使ってたのは
e0303064_1884554.jpg


このふたつ。
子ども用と携帯用フルーツナイフです。

あり合わせの物で飾り切りから鯵のぜいご取りまでやってた
って感じ?

しかし去年末
かったーいのし餅を切らねばならなくなったので(mさんが)
も少し切れるのを、スーパーで買いました。

↑のと同じヘンケルスの、大人用、普通サイズのやつ。

慌てていたので色も普通の黒でしたが
茶色かピンクが欲しかったな〜

ま、切れ味は今までと比べるべくもなく
飾り切りがサイコウにタノシュウございました。

e0303064_15502724.jpg

戴き物の柿で五色なます。

あらかじめ、千切りにした紅白なます用の大根と京人参を冷凍していましたが
大晦日になって、少なすぎると判明。

人参はもうないので、大根だけ新たに切って
京人参も少し持って来て、昆布をはさみで切って、戴き物の柿も入れて…

まだ四色か、と云うことでりんごも入れて
あとはお酢だけで味つけ。

柿とりんごで程よい甘さでした。

e0303064_1550284.jpg

酢蓮は白いままのと、ピンクのは赤蕪ではなく、ラディッシュの菊花蕪と一緒に漬けました。

梅酢は使えないけど、十分ピンクで満足。

赤蕪はスーパーでは売っていないのですねぇ。
暮れに、友達にちょっとしたお礼で産直の野菜を送ったのですが
生の赤蕪は買ったことない、と驚いてました。

都会のスーパーしか知らなかった頃の自分は
もはや前世のようです…

e0303064_15503080.jpg

白い菊花蕪は、輪切りのレモンで香りをつけたのですが
同時に苦味もついちゃった(*´-ω-)

少しならオツな感じもするから、量を加減するといいかも。

e0303064_15503212.jpg

酢の物は、塩分を含む調味料は使わず、お酢ときび糖やはちみつ、グラニュー糖、レモン、柚子、鷹の爪を組み合わせました。

塩分を入れない場合、甘味をかなり足さないと
スッパイです。
鋭く弾けるスッパさ。

食べやすくなるまで甘味を足すと
きっと相当なカロリーです。

減塩してみてつくづく思うのは
人間の味覚は、塩分かカロリーによるところが大きいと云うこと。

おいし〜〜〜いものは、塩気か甘味か油分のどれかが多めです。

まぁ、今は妙に嗅覚が鋭くて、味つけなしは辛いけど
本来は素性のいいお野菜なら、そのままでも食べられるはず。

そのうち戻るかな?

e0303064_15503433.jpg

松の形のものは、切り落としのこんにゃく詰め合わせに入っている、青海苔入り。

メロウな青さがなかなか良いかも。

e0303064_15503621.jpg

余談ですがこの漆の足付きのお膳と
蓋付きのお椀、写っているのは主に蓋ですが
これは戴き物。

遠い知り合いの方が、蔵の中を処分するときに
古い物が好きな子がいる、と聞いて
残しておいて下さったそう。

お礼を言おうと思っても、遠過ぎて辿り着けなそうな知り合いの知り合いの…

ツ、と名まえが書いてあります。

e0303064_15503891.jpg

e0303064_15504331.jpg

e0303064_15505047.jpg

大好物の海老は、リサイクルできなそうだったので
売り場で散々まよった末、無頭に。

元旦の朝はまさかの一番の楽しみを出し忘れ
ただでさえ毎食食べられる数を買っていましたが
最後は一度に二尾食べられてかえってシャーアセでした(*´∀`*)

e0303064_15505250.jpg

秋から、生協で無農薬有機野菜のおまかせセットを頼んでいるのですが
最近ごぼうがコンスタントに入ってます。

しかも、一時期ごぼうの匂いが苦手になってしまい
年末、ふたパックも残ってしまっていました。

そこで

e0303064_15505413.jpg

八幡巻き。

鶏肉は他に使っているので、豚で。
塩分は添加せず、やはりあまり気味のりんごをすりおろして
白ワインを入れて煮込みました。

食感は微妙だし、塩分足さないと甘く感じますが
わしゃ贅沢言わん。

e0303064_1551040.jpg

以下はお雑煮。

e0303064_1551141.jpg

かつお出汁に鶏もも、小松菜、三つ葉、柚子、椎茸。

本来はかまぼこも入れますが、塩分高いので今年はなし
贅沢品として手鞠麩を入れました。

e0303064_1551317.jpg

そうそう、かつお菜も売っていたので
一緒に入れちゃった。

そもそも、上品にひと口だけ、と云うお雑煮の食べ方ではないので
ヴォリュームが出て良かった!

e0303064_15512786.jpg

初日は椎茸を買い忘れ
バンドエイドを買いに行ったついでに椎茸と柚子も更に買い足し
入れ放題。

なんてウマイんだ‼

e0303064_15514544.jpg

三が日が過ぎたあと、残った出汁はまず水餃子
その翌日はラーメンを入れて食べました。

そうそう、毎年、お雑煮は男のひとが作るんだよ
とブツブツ言いながら私が作っていましたが
今年はmさんが毎食、支度してくれました。

来年以降もよろしくね( ̄w ̄)

e0303064_15513762.jpg

[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-22 18:09 | キッチン小鳥

1/20 Sun 晴れ 里山

e0303064_22293128.jpg

久しぶりに一時間ちょい、ご近所を歩いて来ました。

e0303064_222933100.jpg

途中で会ったのは、モズ男とヘタレジョビ男(声だけ)。

e0303064_22293291.jpg

里山の中では、まぼろしのような一瞬のメジロちゃん(神)の他
アオジ、カシラダカ、ガビー、アカシロハラ、ツグミちゃん、ナニカバト
モズ男、ジョビ男、シジュウカラ、アオジ、ウソ子ちゃん姉妹
踏みそうな位置から飛び立ったミソクソを目の端に発見。

帰り道でエナガちゃん、シジュウカラ、カシラダカ、ナニカガラス、ひよたん。

e0303064_22293442.jpg


おっとりウソ子ちゃん姉妹はきっと撮れたでしょう。
エナガちゃんも至近距離だったけど
超低ISOだったからどうかな。

先週末の健診で、お散歩や映画を観に行ったり
ピアノや歌をうたったりは構いません
とお墨付きを戴いたので、体力低下の心配を払拭すべく
ちょっと歩いてみることにしたのです。

でもさ、お散歩って
氷の張ってる田んぼの畦道とか
林のきわの風の通り道とかを
重たいカメラ持って抜き足差し足で歩くことじゃないじゃん、きっと。

だから常識の範囲内で、お散歩途中にすれ違った子たちを記念撮影。

私の常識がどうかと云うのは置いといて。

たのしかったー♪
[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-20 20:22 | メモやらキロクやら
e0303064_15442466.jpg

遅まきながら、いつかの為に覚書を。

今年はゆっくり過ごすべき、と思いながら
塩分制限のある今は、どうせ市販のものは食べられないし
いつになく玄も担ぎたいし、と云うことで今年もお節制作。

mさんもたくさん手伝ってくれました。

写真は選ぶのも疲れてしまうので大量
しかも圧縮以外は無修整なので
お見苦しかったらスミマセソ。

ざっと3回に分けて、それぞれ順不同です。

e0303064_15443841.jpg

栗きんとん。

秋に、きび糖と梔子で煮ておいた栗と、安納芋。
きんとん自体に味つけはしません。

裏ごしもせず水飴なしなので、簡単で素朴な食感。

e0303064_15443962.jpg

e0303064_15444172.jpg

伊達巻ははんぺんで楽をせず、鱈で。
小骨が多い切り身でしたが、mさんが頑張って取り除いてくれました。

しかし分量を間違え、鱈230gに卵8個で
あやうくただの卵焼きに。汗

もう買いには行けなかったので
お酒の分量を増やし、顆粒のかつお出汁と片栗粉を足して
バーミックスでまぜてまぜて〜〜

なんとかちゃんと伊達巻になりました。

甘味は栗の甘露煮のシロップを使うと
きれいに発色します。

そうそう、年末に鬼巻き簀を買おうと思ったら、売り切れ。

年中置いてあるので、今年こそ早めに買います。

e0303064_15444368.jpg

昆布巻きだけは市販の。

mさんの大好物ですが、ヨードたっぷりの昆布
私は少ししか食べられず、作るには手間もかかるので
ひとり分だけ買うことにしました。

毎日、半切れだけ齧らせてもらったけどね。

e0303064_15445679.jpg

金柑は1年前の焼酎煮。

e0303064_1544588.jpg

黒豆は皮が破れた、ちょっと古い豆だったので
100gを2日間、水に浸けて
差し水をしながら無水鍋でコトコト
柔らかくなったら黒糖を塊のまま70g足して
煮汁がこってりしたら火を止め、ひと晩放置。

灰汁をだいたい取ってから、最後まで落し蓋をしました。

豆自体はあまり黒く仕上がらないけど
落し蓋は真っ黒。失笑

今年はちょろぎもなし。
栽培すれば無塩でできるな…ボソ

e0303064_15445929.jpg

e0303064_1545152.jpg

これは三が日を過ぎてから、ヨーグルト和え。

本当は、クリームチーズ和えを
ソルトクラッカーに載せるのがウマイのです。

ちなみにオランダで食べたヨーグルトが忘れられず
たぶん同じメーカーのレシピのパルテノ買ってみたけど、思ったより酸っぱかった。

なんか違う。

e0303064_15461287.jpg

煮物は工夫しました。

e0303064_15461416.jpg

お雑煮用、年越しそば用も兼ねて
厚削りで濃い出汁を取り、煮切ったお酒をたくさん追加。

巨大で浅めな無水鍋で
骨付きの鶏肉とこんにゃくを胡麻油で炒め
出汁をそそいで、貝ひも、昆布少々
戻して石づきを取った大量の干し椎茸を入れて
出汁を取りがてらグツグツ。

下処理したごぼう、たけのこ、蓮根を順次加えて、きび砂糖を足して煮る。

時間を置いて、塩と減塩醤油を足す。
量は二人前、三食、三日分の計算からかなり引いて
食塩相当12g分。

減塩醤油じゃなくても良かったな。

だいたい仕上がってから
胡麻油やグレープシードオイルでこくを調整。

蓮根は少しやりすぎてしまい、慌ててお鍋から引き上げることに。
↓のやり方で良かったな。

e0303064_15461638.jpg

このお煮〆のお鍋で、煮崩れさせたくない物も炊きました。

お鍋の中の食材をどけて、沈まない程度のスペースの中で
それぞれ煮るだけ。

絹さやもしゃぶしゃぶしてしまいました。

e0303064_15461841.jpg

百合根はふたつだけ。

今シーズンは恒例の箱買いをしなかったけれど
mさんの好物だから高くても買いました。

e0303064_15462057.jpg

くわいもmさんの好物。

例年はホクホク系は百合根だけだけど
スーパーではむしろ、くわいの方が安いので
今年はたくさん炊きました。

e0303064_15462394.jpg

お正月でなくとも産直に並んでいる八つ頭。
暮れに買いに行ったら驚きのsold out!

他県からも買いに来るんだろうなぁ。

仕方なくスーパーで買いました。

e0303064_15462611.jpg

普通はお煮〆以外、それぞれ別のお鍋で炊いて合わせるのだろうけど
煮汁をひとつにすることで
限られた塩分でもしっかりした味にできました。

たくさんの素材の味が染み出た煮汁はその後
ちくわぶや厚揚げの煮物にして
最後はカレーにリニューアル。

今後もこの方法でいいかも?

e0303064_15473967.jpg

[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-16 22:08 | キッチン小鳥

こんこん

e0303064_14591619.jpg

もう雨に変わりましたが、溶けても凍るので
家の裏表にみかんを置きました。

書きかけだけど歯医者さん行ってくる。
[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-14 14:46 | メモやらキロクやら

風邪未遂

e0303064_15552825.jpg

お節用に買った食材。

あたご柿と云うのは、お隣さんに大根やみかんと物々交換して戴いたもの。

せっかくなのでなますも紅白と、柿も入れて五色と二種類作りました。

昨日、そんなお節の徒然と覚書とお返事も書くつもりだったのですが、風邪を引きました。

もうほとんど大丈夫だけど、一昨日の夜から、喉が痛くて、昨日には熱も出かけたので、一日ふとんをかぶってました。

今も仰向けで腕だけ出して書いているので、腕が痛くなりつつあります。

そんな状態で昨日の早朝、おいちゃんにはハイテンションなお返事を書いたのですが
あとで見たらなぜか非公開にチェックを入れていて萎えたことを
書き添えておきます。

たいしたこと書いてないけど
また改めて書くね〜

さて、今日はついでに、もう少し近況なども書こうと思ったのですが
文字にしようとするとどうしても
ネガティヴなことがまず出て来てしまいます。

確かにそれも今の生活の一部だけど
書いたところで何も変わらない類のこと
むしろ負の記録になってしまうので
やっぱり、お節の記録くらいにしとこう。

前向きと云うより、玄担ぎ。

どうしようもなくなったら、迷惑顧みず泣きつきますが。

まぁまずは、風邪菌を完全に追い出さなきゃいけませんね。

関係ないけどマックのナゲット食べたい。
モスでもフレッシュネスでもなく
マックのナゲットが食べたい。

あと温泉入りたい。
温泉で毛穴開いた状態で頭洗いたい〜
[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-11 14:31 | メモやらキロクやら

お節料理 #2 お菓子

三が日に戴いたお菓子。

元日
e0303064_22265798.jpg

10年越し、ようやく忘れずに注文した
金沢は諸江屋さんの福徳。

e0303064_22265979.jpg

中に入っていた土人形です。
四つ買ったわけではなく
五つ入りのひとつを、ご近所の女の子にお年玉としてあげました。

お隣の三きょうだいには
土人形ではなく、金華糖(こんぺいとう)入りのをあげたら
氷砂糖が大好きだそうで、おいしいとよろこんでいたとか。

意外すぎた。

最中は全く味がないので、黒豆を載せて戴きました。

e0303064_22283262.jpg

招き猫、たぶん鳥、鏡餅、猿ぼぼ???

帯祝いをできなかったから、戌が欲しかったけど
これを代わりの猿ぼぼだと思うことにしよう。

お供は三年番茶でした。

二日
e0303064_2229780.jpg

三年連続、小さな和菓子屋さんの花びら餅。

暮れに、硬いお餅を切る為に、包丁を買いました。

今まで子ども用の角のない物を使っていた為
私は八つ頭の皮を剥いている時
mさんは小松菜を切っている時に
うっかり負傷(´;ω;`)

バンドエイドを買いに行くついでに
暮れに買いそびれた花びら餅も買って来ました。

mさんは紅茶、私はキャラメルフレーバーのルイボスティーと共に。

三日
e0303064_22291358.jpg

寿、鯛、練り梅。

練り切りも一緒にお持ち帰り。

三日目はカフェインレスコーヒー。
来年は丼でお薄を飲みたいなー

そしてさすがに、少々太ったのでした…
[PR]
by satoyamakotori | 2013-01-09 18:03 | キッチン小鳥